オーダーメイドシャツが出来るまで

MENU

オーダーメイドシャツが出来るまで

実際にオーダーシャツを作るには
オーダーメイドのシャツを作る手順としてはどんな方法があるでしょうか。
ここでは、一般的なオーダーシャツの作り方について、その流れを簡単に確認してみましょう。
まず、店舗をおとずれる前の準備として、自分が作りたいシャツのイメージを明確にしておくことが大切でしょう。
実際に店舗に行くとサンプルなどから選んでいくことになりますが、生地やデザインなど多くの選択肢がありすぎて迷ってしまうことが少なくありません。あれこれ悩むのも楽しいものではありますが、悩みすぎると全体的なイメージが掴みにくくなり、実際にシャツが出来上がってきたときには思っていたものと違った、などということにもなり兼ねません。
明確なイメージを描くのが難しければ、たとえば今自分が持っているシャツの中で一番気に入っているもののどこが良いのか、気に入らないものはどこが合わないのかなど、変えたいポイントをおさえておくとよいのではないでしょうか。これは、専門店のスタッフに自分はシャツのどこが気になっているのかを伝える良い方法でもありますよ。
さて、おおまかなイメージが決まったら、いよいよお店に行って、実際に生地やデザインなどを選びます。
生地は店舗で準備されている生地見本から、自分の気に入ったものを選んでいくことが多いと思います。現在はインターネットでオーダーできるシャツも多くあり便利ですが、生地の手触りや色あいや光沢は、画面上では完全に再現することができず、なかなか実際に見てみないと分からない場合があります。
また、生地見本だけでは全体像が見えてきませんので、柄の大きさや仕上がりイメージがわきにくいものです。顔にあててみる、体全体にまとったときの雰囲気を見るなど、実際に生地を目にすることで感じられるものがたくさんありますので、できれば実店舗で生地を手に取って確認してみたいものです。
そうやって生地が決まったら、次は採寸です。
採寸はプロにお任せするのが一番ではありますが、それだけでは自分の好みが反映されませんね。ぴったりとしたシャツが好きな人もいれば、すこしゆとりがあるシャツが好きな人もいます。さきほど、オーダーするシャツのイメージを作るための方法として述べたように、自分の体に比較的合ったシャツを身に着けていき、そのシャツのどこを調整してほしいか相談しながら採寸すると、より好みに合ったものが作れるのではないでしょうか。
素材選びと採寸が終了したら、デザインを選んでいきます。
自分が好きなデザインつらぬくのもよいのですが、実店舗でオーダーする場合はスタッフの意見を聞くのも楽しみの一つといえます。あらゆる体型の人を見てきた専門スタッフは、どんなデザインのシャツならその人の体をバランス良く見せられるか、ということをよく知っています。また、職業ごとの着用の癖や、年齢による着方の変化、選んだ生地に合うデザインの選択までも対応することができるはずです。ある程度自分の好みを伝えたら、あとはアドバイスに耳をかたむけてみると、自分だけでは選ばなかったようなデザインの提案があるかもしれませんね。
全てを選び終わったら、あとは縫製です。
フルオーダーの場合は、仮縫いを行ったうえで再度調整をし、さらに希望にあわせたものへと作り変えていきますが、セミオーダーの場合は、採寸後はすべてお任せで仕上がりまで待つのが一般的です。商品の到着が楽しみですね。
オーダーシャツを作るメリットは、自分好みのものを作ることができるのが一番ですが、その他に、自分に合ったシャツの詳細なデータが手に入るという点も良い点です。

一度オーダーシャツを作ってしまえば、次の注文の際に同じサイズのものを作ることができますし、一度作ったものに微調整を重ねてより自分に合ったシャツを完成させていくことも、体型の変化に対応してもらうこともできます。相性の良いお店を見つけたなら、次の一枚を作るのもきっと楽しみになるでしょうし、お店の人と相談をしながらつくれば新しい好みのシャツを発見できるかもしれません。
長くつきあえる良いお店を見つけてオーダーシャツを楽しんでください。