オーダーメイドシャツのメリット

MENU

オーダーメイドシャツのメリット

オーダーメイドのシャツを作る
社会人には必要不可欠なワイシャツ。多くの社会人が同じように着ているものであり、毎日着ていくものだからこそ、ちょっと他とは違ったシャツを着ている人の姿はかえって目立って素敵です。ビジネススタイルの主役にするつもりで、新しいワイシャツを選んでみませんか?
一言にワイシャツといっても、気に入ったものを選ぼうと思ったら、生地の色や柄、衿や袖の形、ボタンの付け方やシルエットまで、いろいろな選択肢がありますね。これらに気を使ってみるだけで、今までのシャツとは違ったものを選べて気分が変わってきますよ。
シャツが体に合っているかどうかもとても大切な要素であり、少し気を使うだけで大きな変化が得られる部分です。たった数センチを変えるだけで、体にフィットして着ていて快適なシャツが手に入れられるかもしれません。
こういった主役シャツを手に入れるためにおすすめしたいのが、オーダーメイドのシャツを作ることです。既製品では思ったデザインのものが見つからない人、もう少し体に合うものを選んでみたい人は、ぜひオーダーすることを考えてみてはいかがでしょう?
以下に、オーダーシャツを着るメリットをいくつかあげてみます。

 

1. 自分の体型に合ったシャツが作れる
オーダーシャツの一番のメリットは、何と言っても自分の体にぴったりと合ったものが持てるということでしょう。
既製品は平均的な体型にあわせて、できるだけ多くの人に対応できるよう作られていますから、個人個人の、たとえば首回りのサイズ、手首のサイズ、手の長さやウエストの太さなど、それぞれ大きさが違う部分まではうまく対応できていません。少しずつサイズが合わない部分を、なんとなくごまかしつつ着ることになってしまいます。
そういった点を解消できるのが、自分サイズに作ったオーダーシャツなのです。
その人のサイズに合わせてつくったオーダーシャツは、着心地が良いだけでなく、見た目のバランスや与える印象も全く違ってきます。
2. 自分の好みに合ったものを作れる
オーダーシャツは、生地から選ぶことができるのもポイントです。
色や柄、手触りや厚みなど、多くの生地の中から自分が気に入ったものをシャツにすることができるので、きっと好みのものを作ることができるでしょう。薄くて柔らかい生地が高級シャツの特徴とされてはいますが、それぞれのスタイルや好みによって生地も選べると嬉しいですよね。
また、シャツの生地だけでなく、形も選ぶことができます。
シャツにもデザインの流行があって、既製品の多くはそのシーズンに流行っているスタイルで作られることが多いのですが、必ずしもその流行のデザインが自分にも似合うとは限りません。
特に、衿の形は流行に左右されることが多いのですが、顔のすぐそばにあってその人のイメージを左右するといっても過言ではないポイントですから、自分に似合ったものを選びたいですね。
また、体とシャツの形との相性だけでなく、デザインの好みとしてクラッシックスタイルが良い人もいれば、細身のイタリアンタイプだったり、カジュアルアメリカンスタイルが良いなど、それぞれの着たい服装のタイプがあるはずです。
こういった点を考えると、店頭に並んでいる既製品から選ぶだけでは、自分の希望を満足させるシャツを選ぶのはなかなか難しいと言わざるを得ません。
3. 品質の良いものが作れる
オーダーシャツは、一見すると高価なものに思えますが、長期的に考えるとお得だと言えるかもしれません。
オーダーシャツに使われる生地は既製品より良いものを使っていることがほとんどですし、大量生産とは違ったルートで丁寧な縫製が行われることが多いため、着用や洗濯に長く耐える品質が保証されており、シャツ自体のコンディションが良いままで長く着ることができます。

また、自分のスタイルに合ったデザインとサイズで作ったシャツなので、シャツに無理な力が加わることもなく、生地や縫製のいたみも少ないと言えます。それに、気に入って着ているものはなかなか飽きることもなく、大切に着ようと知らず知らずのあいだに心掛けている、という心理作用もあるかもしれませんね。
こういったことを考えると、オーダーシャツはそれほど高いものではないとお分かりいただけるのではいでしょうか。

 

さて、オーダーシャツの良さをお伝えしたところで、続いてオーダーシャツの種類についてお話ししましょう。
シャツのオーダーメイドというと、おおまかに二種類に分けられます。
型紙を起こすところからすべてその人のために作られるフルオーダーと、あらかじめ準備されている基本的な要素の中から自分に合ったものをピックアップし、細かいところを調整していくセミオーダーの二つです。
いきなりフルオーダーから作るのに迷いがある方は、まずセミオーダーからスタートされるのがよいかもしれません。
セミオーダーでは、基本的な型紙がいくつか用意されています。その中から自分の体型に合ったものを選ぶのですが、ポイントとなる部分(首まわりや手の長さなど)については自分サイズにあわせて計測し、調整していきます。これらの既製部分とオリジナル部分の取り合せによって、より自分のサイズに近いシャツを組み立てていく、というイメージです。
最近ではセミオーダーを基本としているワイシャツ専門店も増えてきましたので、そのような安価で簡単に作れるオーダーシャツから、ぜひ試しに作ってみてください。どんな部分がシャツ選びのポイントになるのかを知るためにも、専門店のスタッフにサイズ計測をしてもらえるセミオーダーを経験してみるのは良いことなのではないでしょうか。
セミオーダーとフルオーダーの違いは、フルオーダーにはすべてを自分の好みで作れるという大きなメリットがあるところです。
ただ、すべてをその人にあわせて行うため、職人の技術も必要とされますし、既製品が充実してきたこともあってシャツだけをフルオーダーで作る店舗も少なくなりました。フルオーダーは完成まである程度の時間がかかることも頭に入れておかなければなりません。
もちろん、価格も決して安価なものではありませんが、ステッチやボタンの付け方まで自分で選ぶことができるので、ファッションに興味がある人や、オリジナルのシャツがほしい人にはフルオーダーも良いですね。
自分に合ったオーダーシャツを、まずは一枚作ってみませんか?